PRAKTICA MTL5 B を分解する・撮影する

1.上部カバーを外す
国産一眼レフと構造は非常に良く似ています。工具はマイナスドライバーの種類が少し必要になるぐらいで、国産一眼レフ用の工具がそのまま流用できます。唯一の注意点は、アクセサリーシュー固定ネジの3個のうち2個が上部カバー固定ネジをかねていること、シャッターダイヤルの速度表示板は、弱く接着されていることぐらいです。

2.上部カバーを外したところ
上部カバーはプラスチック整形でした、AE-1の素材に似ています。金属だとばかり思っていましたが、すでにこの時期にはプラスチックを随所に使用しているようです。そういえばこのカメラ図体の割に軽いのです。日本製カメラをきっちり研究しているようで、そういう点は西ドイツのカメラメーカーよりも熱心だったように感じます。

3.ペンタプリズムとTTL露出計
TTL露出計は写真赤線で示されるカバー裏側にプラスチック集光レンズが置かれカバー切り欠きから入る光を下部のCDSに誘導して測定します。光はペンタプリズムのトップ前面部をハーフミラー化した部分(青線)から入ってきます。ファインダーが暗いのは、このハーフミラーのためでした。結果、このTTLは画面の内部を直接・平均でもスポットでもない測光をします。
心配した部品の劣化は全くなく、日本製一眼レフのように 劣化したモルトプレーンでべとべとと言うこともありません。軽く光学系を清掃して、カバーを元に戻しました。
4.Pancolor 1.8/50mm ZEISS JENA SUPERIA100 1/250 f5.6
うーん、 これはいい! 柔らかめのコントラストと解像度のバランスが絶妙。標準で35cmまでよれるので、花をついついアップで撮りたくなります。ぼけは形が崩れないぼけで、悪くありません。露出はどのコマもぴったりです。絶妙な切り欠き形状のTTLのせいでしょうか?
ZeissM42撮影アルバムその1
4.Pancolor 1.8/50mm ZEISS JENA SUPERIA100 1/250 f5.6
シャッターがボディー前面にあるタイプで、ちょっととまどいますが、まあこれは慣れかな?シャッターのショックがでかいのは、縦走り金属のせいでしょう、音もでかいです。 しかしちょっと大柄なボディー(SRT101ぐらい)で、丈夫で長持ち、高級感はありませんがやっぱりZEISSのM42レンズにはぴったりです。ただ上述の通りファインダーが暗いのが困ります。
ZeissM42撮影アルバムその2

プラクチカのTTLは1964年に、SPに遅れることわずかに1年で発売、開放測光機は1969年にすでに発売されていました。外観操作性が同じようなので、進歩がないように思われがちですが、結構機種別に特徴はあります。また、非常に丈夫で故障の少ない機種であり、日本製のコピーのような評価を受けているのはちょっと損をしています。

 



Modern Classic Camera|Classic Camera TOPレンズ編カメラ編


Orio HP TOP