Yashica Electro35 CC


 ヤシカ エレクトロ35CC カラーコンパクト35mmf1.8


 70年代のコンパクトAEカメラは、キャノネット、コニカC35、ヤシカエレクトロ35など、定評ある名機がずらりと並ぶ。このころはまだ質感の良い金属ボディ、写りの良い単焦点レンズの時代で、精密機械としての完成度が高い機種が多い。しかし市場では量産された電子カメラは、修理不能の電子回路故障を嫌われて、価格はのきなみ安い。うーん、しかし、経験的にはよほど劣悪な環境にない限りほとんどの場合このころの単純な電子回路は生きていて、多分あなたの寿命より長く生きるだろうからあまり気にしなくても良いと思うよ。本当に市場価格はどん底だから、気軽にこのころの大口径コンパクトカメラの描写やメカニズムを楽しみましょう。

でまあ、今回はその電子カメラの代名詞 ヤシカ エレクトロ35CCである。ろうそく1本の明かりで撮れる!というキャッチコピーでヒットした大口径レンズと絞り優先AE電子シャッター内蔵カメラシリーズの1台。CCはカラーコンパクトの略で、カラー撮影を意識した35mmF1.8レンズとGシリーズより一回り小さいボディーが特長。特に一眼用でも数少ない35mmF1.8というヤシカお得意の大口径レンズ(製造は多分富岡)が魅力。コンパクトで取り回しのいいボディー、明るい広角レンズ、正確な絞り優先EEとなかなか使えるカメラだ。

 


ファインダー清掃、モルト交換

ヤシカ・エレクトロシリーズ中でも人気があるらしく少々高い、この個体は、動作未確認、ファインダー曇りという商品、オークションで3800円。電池を入れてみると、EEはまったく問題なく動作する。レンズも内部にカビ汚れ無し。フォーカシングや絞り等も問題なし。70年代コンパクトは部品、部材の質が上がったせいか錆などの劣化が少ないと思う、まあしかし、モルトやゴム部品はダメだけどね。とりあえずは、ファインダーの曇りとモルトの劣化だけなので、軍艦部を外してファインダー回りのクリーニングに取りかかる。

<軍艦部を外し、接着されているファインダーカバーをはずして、ファインダー内部を清掃。メッキに劣化無く、レンズ清掃のみでOK
>トランジスタ1個見えるのみ、メインはレンズボード上にあるはず。

Electro35CCのボディーは、Electro35 Gシリーズとはかなり異なる構造を取っている。小型化のため、ダイキャストを新造し、フィルムカウンターは独自のウオームホイールギヤから一般的な物へ改められ、ファインダーのパララックス補正機構は省略されている。距離計は十分な基線長が確保されており、35ミリレンズには余裕を持った精度が確保されているようだ。レンズ鏡胴フォーカシングリングには突起が2個あり、大変指掛かりが良く合焦しやすい、キャノネットGIIIやライカのほとんど無意味なフォーカスノブよりずっと実用的。

<電池は、現行の4LR44が使えるので、入手の心配がない。
>バッテリーチェックボタンを押すとフィルムカウンター裏から照明が光る。
<モルトの劣化以外、特に不具合な部分はない。モルトは裏ブタ側でなくボディー側の溝に貼り込んである。
>うーん、底部のフタは黒ペイント処理らしく塗装は弱く、少々劣化気味。

ボンドはがし液は、劣化したモルトをはがすのに便利なんだけど、説明には生地を痛めることがあると書いてある。でまあ、ポタリと落とした液で見事に底部のペイントが剥がれてしまった。うーん、ペイントはダメだな、使用するときは要注意。底部のペイントは他の箇所も擦れて劣化しているので、タッチアップペイントで補修する。タッチアップペイントを使用するときはそのままでは濃いので、専用薄め液で薄めて使おう。薄めた物を数度重ね塗りすると綺麗に、強く仕上がる。

ファインダーは、ブライトフレームのパララックス補正無し。上部に露出警告の矢印が、シャッター半押し時に表示される。青みがかった視野だがすっきりしていて、わかりやすい。GT系よりやや明るく、その代わり2重像部が少し目立たない。焦点距離によってブライトフレームだけが切り替わるライカ系のファインダーは、便利なようだけど、遠近感、視野感、が頭の中でぐしゃぐしゃになって、生理的にも金銭的にも受け入れがたい。やっぱりこういうファインダーの方が清々しくてよろしい。

 


Fuji リアラ エース100
写真はクリックで拡大します。

Yashica Color-Yashinon DX 1:1.8 f=35mm
F5.6 自動露出 
コンパクトカメラで35ミリF1.8というのは偉いよなー、 しかもなかなか立派な描写、お散歩にはこれ最適。
Yashica Color-Yashinon DX 1:1.8 f=35mm
F5.6 自動露出
 
視野周辺までなかなか高い解像度、 適度なコントラストで大変よろしい、ぼけがちょっと崩れるけどこれは、2枚羽根で変な形の絞りの影響だろう。写真の石造り物は、なんでしょう?お墓じゃないよ、実用品です。普通は公園にあります。

Yashica Color-Yashinon DX 1:1.8 f=35mm
F2.8 自動露出
近景、うーんなかなか味のある描写。 色はまったり系、キャノネットGIIIのあっさりカリカリとは対照的。

Yashica Color-Yashinon DX 1:1.8 f=35mm
F1.8開放 自動露出
最短撮影距離付近でさすがに周辺減光が目立つ、ぼけも美しくはないけど、まあコンパクトカメラの35mm広角レンズにそれは酷かな。
Yashica Color-Yashinon DX 1:1.8 f=35mm
F8 自動露出
中景から遠景、破綻無く結構です。すごいレンズではないけど、コンパクトカメラのレンズとしては驚きの性能だな。
Yashica Color-Yashinon DX 1:1.8 f=35mm
F8 自動露出
カリカリした感じはなく、そこそこシャープ。暗部がちょっとフレアーぽいのは、ボディー内の問題かもしれない。最高速が1/250で晴天だとすぐ赤ランプ(露出オーバー警告)が点灯するのはまあしょうがないか、素直に絞りましょう。

 



Modern Classic Camera |Classic Camera TOP||レンズ編カメラ編


|Orio HP TOP|