カヌーでツーリング・ツーリングレポート

2004・06・27 相模川 神沢


進水式は、水の綺麗な本栖湖でやりたかったが天候不順でやむなく、相模川、神沢に行ってみる。ここは、地元の人の練習場で、時々カヌー教室なんかもやっているらしい。
自宅から車で30分以内にいける唯一の練習場だと思う。
本流からはずれた、中州手前に池と、堰堤による瀞場がある。 河原は広く、車の乗り入れも可能だが4WDでないと少々不安。この日は日曜日の午後で天候もぱっとしないせいか一般の人は少なめ。ただ手前の池では、カヌー教室を開催していた。
練習には最適な地形かもしれない。ただし相模川の中流域の始まりになる(津久井湖から10Kmぐらい)のだが、ご多分に漏れず周辺の都市化で水質がいまいちで、ここで沈はしたくない。ちょっと泳げる雰囲気ではない。こんな所でも、川の流れの流れ込むところには、鮎釣りのオッサンがいて釣りをしていた。IC140は水深20cmもあれば航行可能なので、乗り降りは楽勝。
堰堤でできた瀞場は広い、水質はいまいちだが魚影は濃く、鮎がやたらにはねている。また、40cmクラスのニジマスもいた。多分上流の釣り堀から逃げてきた物、放流されたものなどだろう。本流からの流れ込みが、家庭雑排水を含んだ感じで、気になったので、IC140は家に帰ってからよーく洗い流した。布を使っている艇には、ここの水質は気になるかもしれない。

堰堤間際から、中州方面を望む。
ところで艇のコントロールは?というと、まるでダメ。くるくると木の葉のように回っていました。2人艇なので、2人でシングルパドルでこげば何とか・・・1人ではまだコントロールしきれないでしょう。むずかしー!

 



|カヌー・ツーリング|


| TOP |