エンジンは受験、補助エンジンは野球と忙しく、いたしかたなくうるさい荷物の登場となる。彼女は暑い日の続く今日この頃、涼しい水辺でお昼寝が目的らしい。

IC140は、お昼寝用マットとしてもなかなか優秀である。昼食を滝のあるワンドに上陸して取ったあと、IC140を昼寝マットにするうるさい荷物。私は、今回鉱石ハンマー持参で来たが緑泥岩だらけ、これといった鉱物発見できず。しかしここには過去には三保鉱山など数カ所の鉱山があったらしい。もっとも鉱区は湖の中だろうが。

今年は泥流の流入がないのか透明度が高い。湖の真ん中から玄倉方面を望む。玄倉産、水晶の標本を見たことがある、もしかするとこの周辺にも??この湖に流入する沢の転石をまじめに調査してみようと思う。カヌーで鉱石探しは意外にに身近なところで実現しそうだ。

|カヌー・ツーリング|


|TOP|