銀山湖・正式名称は奥只見湖?、5万分の1地形図には奥只見湖と書いてある、しかしダム湖名は銀山湖らしい・・銀山湖の方が通りが良いので良く使われるのかもしれない。地元でも銀山湖と呼ぶ方が多い。どちらにしても日本一の貯水量を誇る人造湖。面積1.150平方Km、最大水深150mと言われてもピントこないが、湖を半周する国道353を新潟から福島に抜けるのにノンストップで2時間はかかる。湖面の標高は750m、2000m級の山々に囲まれ夏でも涼しい。昨年は夏休みに出撃するも、出艇場所がわからずカヌーは浮かべることができなかった。今年は台風一過の晴天となったので念願の銀山湖にソロでいざ出撃!。

 銀山湖の出艇場所は、観光遊覧船桟橋脇に釣りボートの桟橋、繋留所がありそこから出艇できる。釣りをする場合は入船料3.000円がかかるらしいが、カヌーを浮かべるだけは、お金はかからないようだ。釣りで有名な場所なので、釣りに関する入船はいろいろと規約があり、桟橋入り口に掲示板がある。ここにもブラックバスを放流する馬鹿者がいるらしく、放流禁止の旨しつこく警告が書いてあった。この湖は水温が低いので、ブラックバスの繁殖は今のところ認められていないようだ。この日は、8月とはいえ平日のためか遊覧船以外の船は見かけなかった。

右:出艇場所、ボート繋留所

湖面はともかく静かだ、流れ込む沢音とわずかな虫の声しか聞こえない。渡る風はさわやかで、早くも秋の気配を感じさせる。2000m級の山に囲まれたこの湖は、たくさんの沢の流れ込みワンドがあり、そこは釣りの良いポイントとなっていると同時にカヌーの良い上陸ポイントでもある。この湖でワンドを探すのは難しくない。沢のせせらぎや、滝の音が湖上から聞こえるので、音のする入り江に入れば間違いなく上陸ポイントがある。今回ソロなので、出艇時にバランスを取るため石を拾ってバウに設置したが、軽すぎて今一バランスが良くない、ちょこちょことワンドに入ってはバランスの良い石を探しながらのツーリングとなった。ソロ時のバランスの決定的な解消方法を考えないといけない。それと、パドルはやはりダブルの方がコントロールしやすいようだ。

ただし、パドルは相当長くないと使えない。手持ちの2.2mタイプは短くてダメ。Youさんの報告にあったように、ビニールカヌーの4分割パドルを海で使用してみたら、これがけっこう使いやすかった。今回IC140で試そうと思って持ってきたつもりがパイプが1本足りない!一般市販の物は2.4mが最長のようで、これで足りるかな?予備パドルのつもりで近々購入テストしてみるつもり。

流れ込む沢の水は、透明で冷たい。小魚や時には大型の魚も見かける。

ワンドに流れ込む沢の水は、どこも冷たい。多分15〜10度くらいだろう。遠くに見える荒沢岳には、万年雪の雪渓がある。いずれのワンドにも魚影は濃い。ヤマメ、イワナ、ニジマス等が沢の流れ込みで餌を待っている姿が見える。次は入船料を払って釣りも良いなと思う。適当なワンドに入り込み、沢の水でお茶を冷やして、ランチタイム。しばし都会の雑踏を忘れてゆったりと過ごす。

名前の通り、ここは昔(江戸時代)銀鉱山があった。鉱区はすでに湖の底だと思われるが、地名には銀山平という地名が残っている。今回は、沢の入り込みの転石や、湖岸の露頭に少し注意しながら船を漕いだ。もしかしたら銀鉱石の一つも採れるかもしれない。どーせなら、ワンドの沢ごとに椀がけで砂金ねらいもいけるか?などと出艇前は妄想を膨らませていたが、いざ出艇するとパドル操作に忙しくそれどころではない。まあそれでも周りを見渡すと、湖の途中には大きな石灰岩の露頭があったり、結晶質の石灰岩が白い床、珊瑚のように敷き詰められているような場所も

あった。そんな中で目についたのは、沢筋にあった転石で、黒い結晶質(6角柱状?8面体?)の鉱物が入ったもの。クロム鉄鉱?? ま、今まで行った湖の中では一番鉱物種が豊富で期待できる場所かもしれない。次はぜひ椀がけに、挑戦することとしよう。
フラフラと船を進めていたが、午後2時を過ぎると、西風が強くなり風にはメチャ弱いIC140なので、早々に引き返すこととする。往復5Kmほどしか移動しなかったが、変化に富んだ湖岸、多数のワンドと沢筋とレイクツーリングには最適の湖かもしれない。

帰りはお約束の日帰り温泉である。銀山平の上流、北ノ又川沿いに、民宿バンガロー村ができた。その中心に日帰り温泉、白銀の湯がある。施設は新しく、清潔、檜の湯と露天風呂があり、600円。こぢんまりした施設だが、露天からは越後駒ヶ岳も望める、ロケーションは最高。(天気が良ければ)

ここは、大自然が堪能できる。レイクツーリングには関東近傍では最高のロケーションだろう。しかし湖は広すぎて日帰りでは、入り口程度しか回れない、ツーリングもできれば、1泊2日したいところ。湖岸にテント泊に適したところがあれば面白いだろうなー

|カヌー・ツーリング|


|TOP|