今年(2006)は、天候不順・特に南関東は5月連休明けからまともに晴れた日はほとんど無いという状況、梅雨明けも遅れ太平洋側は波高く海には行けない。まあ、その前にエルズミア480に慣れなければいけないので、天気の悪い丹沢湖で漕航演習となる。先週は丹沢湖カヌーマラソンでにぎわったはずだが、今週は釣りボートがぽつぽつと出ているだけで静かな湖面だ。今回3回目の出撃だが、相変わらずファルトボー

トの組み立てはややこしい。記憶力の衰えかけている頭では、まだ組み立て説明書は必須だ。そんなこんなで出艇準備はやはり汗だく1時間近くかかり、うーん年を取るとこれはきついな多分。前回報告した何かの糞の主は、丹沢記念館の人によると猿らしい。山から大挙して出てきて里の畑を襲っているとのこと。

今回は、ダブルパドルと操船に慣れる事を目標に練習。風もなくべた凪で練習にはうってつけの条件。ただし、連日の雨のためかダムは放水しており、水位は極端に低く、流木もたくさんあって安全に上陸できそうな場所が少ない。
 エルズミア480は、やはり早い、ダブルパドルの操作にようやく慣れてきたせいか、あっという間に玄倉が見える位置まで船は進んだ。リジット艇より軽い分早いかも知れない。安定性という意味では、船が動いていないとき、どっしりとした安定感はない?体重移動に艇が敏感に反応するため、最初艇の反応に慣れず不安だった。しかし慣れてしまえば、すぐに反応してくれる分使いやすい。

直進性も良い、慣れてくると取り回しも楽なのでラダーはいらないかもしれない。コックピット普通なんだけど狭いなー、オープンデッキ並みとは言わないがもう少しデブにも楽にならないか?スペースはたくさんあるが、操船中は物の出し入れがほとんど出来ない。何か自分で工夫しないといけないな。

エルズミアの操船に大分慣れたので、次はこの艇を早く海デビューさせてやらなくてはいけない。このまま行くとレイクカヤックとなってしまう。それにしても、ここ二ヶ月ほんとうに晴れない、星どころか、まともに太陽すら見ていない。いろんな意味でめいってくる、今年は梅雨明けが待ち遠しい。

|カヌー・ツーリング|


|TOP|