今年は、なかなか時間が取れず、カヌー初出撃が大幅に遅くなってしまった。ま、そんなわけで仕事と梅雨空の間隙をぬって山梨県、西湖に今年の初出撃。根場の駐車場に止めて、久々のカヌー組立にかかる、1時間近くいつものようにモンベルを呪いながらも、組立完了。

 出艇してしまえば、いつものように軽快なエルズミア480で、今度はモンベルに感謝する。次は、組み立てたまま移動できるような工夫を考えてみる。そうしないと、基礎体力不足の私には年々きつくなる。もしくは、3分割できるFRP艇も良いかな?などと考える今日この頃。

 今年は、梅雨が遅く降雨量が少ない、この日も夏のような日差しだが、夏場とは異なる風で、やや強い南東風が一日吹いていた。

 小さな波を、乗り越えて遊んでみる、たわむ感じは無いが空気室があるせいか、リッジッド艇とは感じが違うかな?波を越えるとき、タップン・・という感じ

 ここの西岸は、むき出しの溶岩流跡で、布艇では近づきがたい、切れそうな気がする。北東岸は、上陸しやすい地形もあり、オートキャンプ場もある。

 前回、バス釣りの多さを嘆いたが、遅い昼食を取ったレストハウスの入漁券表を見てみると、ここのメインはへらブナらしい。そういえば溶岩岸壁に動かないボートの釣り師が、今日もたくさんいた。桜ますの放流もしていてこれは期間が決まっているらしい。

|カヌー・ツーリング|


|TOP|